「石田衣良」タグのついている投稿

「池袋ウェストゲートパーク」石田 衣良

2011/02/15

石田衣良さんの原点の作品、「池袋ウェストゲートパーク」です。テレビドラマにもなり、見た方も多いのではないでしょうか?読者は主人公のマコト視点で物語が進みますが、他に登場する人物(キング、サル)が個性豊かで読んでいて飽きないものとなってます。内容としてはシンプルなものが多いのですが、現代社会のひずみがうまく描かれていて色々と考えさせられるものでもあります。池袋ウェストゲートパークシリーズの基本となる本ですのでまだ読んでいない方は是非読んでみてください。


「池袋ウェストゲートパーク」文春文庫
石田 衣良(著)

 

感想ブログ

ヨムコト(読書と映画と日々徒然)
池袋西口の果物屋の息子 真島誠“マコト”が、池袋でおこる数々の揉め事を解決していく物語。・・・(つづきを読む)

笑える本を読もう!
宮藤官九郎出世作のドラマ「IWGP(池袋ウェストゲートパーク)」の脚本。原作は石田衣良。・・・(つづきを読む)

「40 翼ふたたび」石田 衣良(著)

2011/02/05

IWGPシリーズで有名な石田衣良さんの著書です。IWGPシリーズとは違い40歳をテーマとした短編を組み合わせた長編小説です。
自分の身の周りすぐ横にいるような人たちが描かれていてノンフィクションだけれどもリアルは物語としてすっと入ってきます。
この本読むと人生も捨てたもんじゃないなと、明日から頑張ろうという気持ちにさせてくれます。


「40 翼ふたたび」講談社文庫
石田 衣良(著)

 

感想ブログ

Spiegel
図書館から借りてきた 石田衣良さんの本を読みました。タイトルにあるように、40歳の主人公が会社を辞めて 始めたプロデュース業・・・(つづきを読む)