「眠れないときに読む」カテゴリーのアーカイブ

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」北尾トロ

2011/02/12

今回はこれまでと少し畑違いの本です。著者が足しげく裁判所へ通い、傍聴した裁判の中から選りすぐりのの裁判をまとめたものです。事実は小説より奇なりそのもので悲惨な事件から、なぜそんなことをという事件まで網羅しています。
普通に生活しているとあまりなじみのない世界ですが、被告人、弁護人、裁判長、検事、傍聴人、裁判にかかわる人たちの人間模様が非常に興味深く心にのこります。



「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」文春文庫
北尾 トロ(著)

 

感想ブログ

東京批評人
本書はライター兼ネット古書店経営者の北尾トロさんの裁判傍聴記である。・・・(つづきを読む)

薫 風 ~KUNPOO~
北尾トロ『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』文春文庫。月刊『裏モノJAPAN』に「人生劇場」というタイトルで連載・・・(つづきを読む)

「時生」東野 圭吾(著)

2011/02/08

超人気作家東野圭吾さんの著作です。東野さんといえばミステリー系の作品が多くて有名なのですが、私はどちらかというと非ミステリーの方が好みのようです。(もちろんミステリー系もほとんど読んでますが。)
特に今回紹介する「時生」はお気に入りの作品で、夢中に読みつつも生死について深く考えさせられる作品です。



「時生」講談社文庫
東野 圭吾(著)

 

感想ブログ

よ・く・ば・り・日・記
東野圭吾の小説を始めて読むならこれを、と彼からのお勧め。 結構分厚い本だけど読みやすかった・・・(つづきを読む)

さよならカフカ
予告を変更しまして、今日は『時生』の感想を書きたいと思います。さっき読み終わりました。・・・(つづきを読む)